ハイラックス”Zシリーズ”のカスタム&LINE-X施工のご紹介♪

☆☆ハイラックスLINE-Xベットライナー施工、ARBサハラバー&ARB別タンク式バイパスショックBP51のカスタム☆☆

 

こんにちは!

LINE-X Auto Japanです。

今回はハイラックス”Z”のご紹介です♪

かなりのカスタムをされていて、いかつい男性が下りてきそうなイメージです!

が、実は女性オーナーさんです!!!笑

ギャップ感が半端ないですね!笑

 

 

当LINE-Xでは↓↓↓

●ARB別タンク式バイパスショックのBP51リーフフルキット

●ARBサハラバー

●LINE-Xベットライナー

のご施工をさせて頂きました♪

一つ一つのパーツ紹介も含めて早速見ていきましょう!

 

 

 

 

ハイラックス LINE-X カスタム

フロント

☆ARBサハラバー(ロールバー無し)

☆RICK`Sスキッドプレート

☆CARRY BOYバグガード

 

 

 

ハイラックス ARBサハラバー ロールバーなし

フロントフェイス

 

純正のグリルは純正カラーのブラック&レッドで塗装されているそう!

 

ARBのサハラバーは純正バンパーを専用の型紙に沿ってカットした上でステーを装着し、バンパーを取付けます!

今回は純正フォグランプを移設して取り付けをしました。

ARBインテンシティやIPF、BUSHRANGERのドライビングライトが追加で取り付け可能です!

素材は、耐久性のあるブラックパウダーコートを施したスチール構造で、エアバックにも対応した設計となっています!

 

 

 

ハイラックス 電動トノカバー

サイド

☆RICK`Sサイドミラーカバー

☆JAOSサイドステップ

☆JAOSマッドフラップ

☆TRDオーバーフェンダー

☆CARRYBOY電動トノカバー

☆TRAILリアバンパー

☆ホイール:バリスティック ジェスター

☆タイヤ:FEDERAL COURAGIA M/T

 

ハイラックス BP51ショックアブソーバー

BP51別タンク式バイパスショックアブソーバー

BP51はON、OFF問わずお勧めです!!

踏み込んだ時の感覚と乗り心地が純正時とは全く別物になりますよ♪

 

【BP-51のバイパスシステムの解説!】

アルミのケース本体が肉厚で出来ており、ケース内に血管のように油圧油が通る通路があります。 ピストンの場所により(ピストンがセンター付近にある状態では)、油圧油がこの通路を通る事で、ピストンの圧力をバイパスさせています。(圧力が低くなる、柔らかい)

 

通常走行時(ピストンが中心部付近にある時)は、バイパスされているので柔らかくコンフォートな走りですが、 「たくさん縮んでいる時」と「たくさん伸びている時」はバイパスされず、ケース内の圧力が高く(硬く)なります。

これにより、オフロードで足が伸びた時に地面を踏みつける力が強くなることでトラクションがかかりやすくなります。

 

 

 

BP51ショックアブソーバー リア

リア

別タンクがタイヤハウスからチラッと見えるのがまたカッコいいです♥

手前に見えるのがBP51のリーフになります。

リーフも変えることで突き上げ感軽減!!

 

 

ハイラックス 荷台 LINE-X

荷台左サイド

 

 

 

ハイラックス 荷台 LINE-X 保護

荷台右サイド

 

 

 

 

ハイラックス 荷台 正面

荷台正面

LINE-Xベットライナー♪

傷を気にすることなく荷物をバンバン積み込んで”ピックアップ”らしい使い方が出来るようになりました!!

山に!川に!海に!大活躍してくれることは間違いないですね♪

 

 

 

 

ハイラックス ゲート開時

テールゲート

 

 

 

ハイラックス 電動トノカバー 開時

 

今回のカスタムいかがでしたでしょうか?!

ハイラックスは街中でも見る事が多くなってきているので「人とは被りたくない」という方は今回の様なカスタムをして差をつけてみてはいかがでしょう♪♪♪

ARBのバンパーやBP51ショックアブソーバーが気になった方、LINE-Xベットライナーにご興味を持った方は下記までお気軽にご連絡を下さいませ!

スタッフ一同、皆様からのご連絡をお待ちしております♪

 

 

LINE-X(ラインエックス)車両部門公式サイトはこちら!

問い合せ:048-793-0077 / contact@linex-auto.co.jp

この記事についてのお問い合わせ